TIPS調理テクニック

厚切りポークステーキのおいしい焼き方・焼き加減の見分け方

厚切りポークステーキの魅力

 

タンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養を豊富に含む豚肉。中でも、豚肉に含まれるビタミンB1はほかの食肉に比べて圧倒的に多く、糖質を体内で燃やしてエネルギーに変える働きをすることから、美容やダイエット、疲労回復を助けてくれるヘルシー食材といわれています。

そんな豚肉の魅力と旨みを存分に楽しめるのが「厚切りポークステーキ」です。ポークステーキやトンテキ、ポークソテーなどと聞くと、ビーフステーキに比べてパサついたり、生焼けになってしまうなど焼き方が難しいというイメージを持つ方も多いかもしれませんが、たった3つのポイントさえ掴めば、厚切りでもしっとりジューシーに仕上げることができます。また、ハイライフポークは旨みが強いだけでなく冷めても柔らかく、脂身はさっぱりとしていることから、厚切りポークステーキにぴったりの豚肉です。今回は自宅で簡単に実践できるプロ直伝のおいしい焼き方と、焼き加減の見分け方をご紹介します。

 

厚切りポークステーキのおいしい焼き方

厚切りポークをしっとりジューシーに焼き上げるために必要な3つのポイントはこちら!

①肉は常温に戻そう
②火加減は中弱火でやさしく
③フタをして3・3・6分の法則で焼こう

この3つを頭に入れ、以下の手順通りに調理すれば、失敗なく厚切りポークステーキを楽しむことができます。

【材料】
厚切りポーク 200g
塩 小さじ1/2(2g) ※塩は肉の重量に対して1〜1.3%が適量
こしょう 適量

STEP1 肉を常温に戻す

冷蔵庫から肉を取り出し、肉全体に塩、こしょうを振ってから、常温で10分程度おきます。
冷蔵庫から出したばかりの肉は、特に中心部分が冷えている状態です。常温に戻してから焼き始めることで、肉全体に均一に火が入ります。

 

STEP2 中弱火で3分ずつ焼く

表面3分、裏面3分ずつ、フライパンにフタをして中弱火でやさしく焼いていきます。
強火で一気に焼いてしまうと、肉がぎゅっと締まって固くなる原因に。中弱火(火の高さは1.5cmくらいが目安)でゆっくり焼き上げることで、ふっくらジューシーに仕上げることができます。また、均等に火を通し、キレイに焼き上げるために、肉をフライパンに押し付けないようにしましょう。

 

STEP3 フタをして6分休ませる

火を止めて、フタをしたまま6分休ませます。
余熱を使って、中までじんわりと火を通すとともに、休ませることで肉汁が落ち着き、よりしっとりとジューシーになります。両面を3分ずつ焼いた後にアルミホイルに移し、全体を覆って6分休ませても構いません。非常に重要な工程ですので、急いでいる場合でも省略しないようにしましょう。

 

肉をフライパンから取り出し、切り分けたらできあがりです。焼き時間と休ませる時間は、肉のグラム数によって異なりますので、下記を参考にしてください。

[グラム別 焼き時間と休ませ時間]
150g  焼き時間:片面2.5分  休ませ時間:5分
200g  焼き時間:片面3分  休ませ時間:6分
250g  焼き時間:片面3.5分  休ませ時間:7分

 

よりおいしく仕上げるコツ

厚切りポークステーキをよりおいしく仕上げるためのもうひと手間として、以下2点を押さえておきましょう。

最初に、脂身だけを焼く
STEP2に移る前に、厚切りポークを立てて、脂身の部分だけを先に焼いていきます。脂の焦げや香ばしい香りが加わることで旨みが倍増し、味にメリハリが出ます。

最後に、強火で焦げ目をつける
STEP3の最後に、強火で片面約15秒ずつ焼き、表面に焦げ目をつけると香ばしさが増します。自宅にガスバーナーがあれば、両面をさっと炙ってもいいでしょう。

厚切りポークステーキ

 

焼き加減の見分け方

厚切りポークのサイズや厚みによって、焼き加減を見分けるのは意外と難しいもの。生焼け状態でないかが心配で、気づけば加熱しすぎて肉がパサパサになってしまった!という経験を持つ方もいらっしゃることでしょう。

焼き加減を見分ける方法として挙げられるのは、焼き上がった肉を指で押してみること。弾力があり、肉汁に血が混じらなければ火がしっかりと通っていると判断できます。もしくは鉄串やフォークなどで肉を刺し、手のひらに当てて十分な熱さが感じられれば問題ありません。

それ以外に、包丁で肉をカットして断面の色で見分けることもできます。肉汁が透明になってしまうのは焼きすぎのサイン。ほんのりピンク色くらいがちょうど良い焼き加減です。断面全体にピンク色が残っていれば、追加で加熱をしましょう。中弱火でゆっくりやさしく焼いているため、二度焼きをしても肉が固くなることはありませんが、パサパサ食感になってしまうのが心配なら、少し加熱した後、休ませる時間を長めに取りましょう。

 

おすすめの食べ方

ハイライフポークでは、豚肉本来の旨みや甘みを感じていただくため、塩・こしょうだけのシンプルな味付けをおすすめしていますが、自分の好きなソースを添えてももちろんOK!和洋中のどんなソースとも相性抜群で、その日の気分や好みで食べ方を変えられるのもポークステーキの大きな魅力です。


ハイライフポークが運営する、東京・代官山のレストラン「HyLife Pork TABLE(ハイライフポークテーブル)」でも、梅やゆずこしょうを使った和風ソースや、山椒を使った中華風ソースなど、幅広いソースを提供しています。中でもポークステーキをさっぱり食べられる!と人気なのが、フレッシュトマトのサルサソースです。作り方は、トマトの角切り、玉ねぎのみじん切り、レモン汁または酢、塩をざっくりと混ぜるだけ。酢はバルサミコビネガー、ワインビネガー、穀物酢、米酢など好きなもので構いません。ハイライフポークのWebサイトでは、厚切りポークステーキにぴったりなソースをたくさん紹介していますので、ぜひそちらも参考にしてみてください。

 

Q&A

最後に、厚切りポークステーキをおいしく焼くためのポイントをQ&Aでご紹介します。

Q.どんなフライパンを使うのがいいですか?
鉄製のフライパンは熱伝導に優れているため、厚切りのポークを焼くには適しています。しかし、鉄製以外のフライパンであっても、フタをして焼くことで熱伝導を高めることができます。フライパンの種類によって熱伝導は多少異なりますので、3・3・6分の法則を基本としながら、自分にとってベストな焼き時間を見つけていくのもいいでしょう。

Q.筋切りは必要ですか?
薄めの豚肉の場合、加熱することで脂身と赤身の間の筋が引っ張られて縮まり、肉が反り返ってしまうことがよくあります。しかし、200g以上の厚切りポークは筋がぎゅっと縮むことは少なく、なおかつ弱火でじっくり焼くことによって縮まりを防ぐことができるため、筋切りは必要ありません。また、中途半端な筋切りをしてしまうと、肉汁や旨みが流れて出てしまう可能性もありますので気をつけてください。

Q. フライパンには油を引いた方がいいですか?
基本的には油を引かなくても問題ありませんが、フライパンが古くて焦げ付きやすいなど、フライパンの状態に不安があるなら、油を引いてもいいでしょう。肉がフライパンにくっつき焦げてししまうと、その後の仕上がりに影響が出てしまいます。もしくは、「よりおいしく仕上げるコツ」で紹介したように、厚切りポークを立てて、脂身の部分だけを先に焼くと、それだけでしっかりと油が出てきますので、それをフライパン全体に広げれば問題ありません。

 

まとめ

今回ご紹介した3・3・6分の法則を守り、コツをしっかり掴めば、誰でも失敗なくしっとりジューシーな厚切りポークステーキを焼き上げることができます。和洋中のどんなソースも受け入れてくれる万能で懐の広いポークステーキだからこそ、楽しみ方も自由自在。ぜひこの機会に、厚切りポークステーキのおいしさと魅力を感じてみてください。